2010年03月04日

ショパンイケイケコンサート 相棒氏の演奏

 2月28日に行われたショパンイケイケコンサートの相棒氏の演奏の録音です。

ショパン幻想ポロネーズ.WMA



posted by のここ at 22:30| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男性的で力強く、節回しも歌も素晴らしい演奏ですね! 
このポロネーズ、今年のショパンコンクールの最終予選で課題曲になっているとか。
(真偽のほどは調べておりませんが)
プロでもなかなか手を出せないこの大曲を、全身全霊を込めて弾いていらっしゃるのが伝わってきます。私にとっても憧れの1曲です。身近にこのような先達がいらっしゃると、自ずと身も引き締まります。

のここさん、あらためて惚れ直しちゃったでしょ。^^
Posted by マキコ at 2010年03月04日 23:08
早速お聴きいただきありがとうございます。
ショパンコンクール最終予選で課題曲になっているのですか。確かに難しい曲ですしね。本人もまだ弾けてないと言っているし。
全身全霊を込めて弾いているのが伝わってきますか。本人は結構のんびりした感じだったのですが、本番ピアノの前に向かうときはスタジオでの練習と同じような感覚で弾くように意識したそうです。そうすると平常心を保ちやすいからと。でも途中で緊張したとか。私にとってもあこがれの曲なんですよ、この曲。
というわけであはは、そうですね^^
Posted by のここ at 2010年03月04日 23:18
いやすごいです、あらためて。
よく録音で聴いてもミスがないというか、それどころか内容的にもひきこまれるという・・・。
ショパンをこれほど弾かれるというのは憧れです。
最近長めのクラシックは弾いておられなかったように思うので、久々に堪能いたしました。

ショパンの1番コンチェルトなんか弾かれる気はないでしょうか?
全楽章でなくてもいいんですけど・・・。
オケはちょっと頼むのがなかなかなので、2台ピアノくらいで。
もし機会があれば付けさせていただきます。オケパートなら弾けますので。
Posted by ようこ at 2010年03月04日 23:46
 ありがとうございます。本人にも伝えたら恥ずかしいといって照れまくっておりました。ミスもあったと言っております。でもショパンが好きなのでしょうね。好きでなかったらあんなに弾けないですしね。あの集中力とエネルギーに私も脱帽です。この勢いでまたクラシックを弾くと思うのですが。。。
 1番コンチェルトの話、前からしているのですよ。そうしたらすごく難しいとのこと。挙句の果ては私が練習したら弾くとか言っております。でもようこさんがオケパートを弾かれたほうが早く確実にできると思うのでもし彼がその気になったようでしたらこっそりお伝えします。
Posted by のここ at 2010年03月05日 08:56
「ショパンは力強い創造者であった」
アルツゥール・ルービンシュタインの言葉ですが、まさにその通りの演奏ですね。
今度はポロ5を弾いて欲しいなあ・・・
Posted by よっしー^^ at 2010年03月05日 19:41
 力強い創造者のような演奏ですか。ありがとうございます。これからもそのような演奏をしてほしいですね。リクエストいろいろ出ているようですが、問題は本人が何を弾きたくなるかですね。。。楽しみにしていてください。
Posted by のここ at 2010年03月05日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。