2010年03月04日

ショパンイケイケコンサート 私の演奏

 2月28日に行われたショパンイケイケコンサートの私の演奏の録音です。ワルツの弾きなおしも入れています(汗)。

ショパンワルツ11番.WMA

ショパンマズルカ47番.WMA

ショパン即興曲2番.WMA

ショパン前奏曲(プレリュード )20番.WMA


posted by のここ at 22:28| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ショパンの芸術の4つのジャンルに挑まれて、このように立派に弾ききっていらっしゃる!素晴らしい事ですね♪ かなり緊張もされていらしたと思いますが、本当にお見事です!

以前も申しましたが、この4曲の中では一番プレリュードが好きです。
のここさん、軽やかな指裁きの曲が似合っておいでのような気がしますが、反対にこういう深刻で荘厳な曲も素晴らしく、聴き応えがありますね!
Posted by マキコ at 2010年03月04日 23:29
プレリュードがやはりいいですね。
でも、即興曲もずいぶんいい感じになったのでは?
この2番は異様に弾きにくいよねえ・・・と昨日某先生とも話したとこでした。

またいろいろ音源UPしてくださいね。
楽しみにしてます!

Posted by ようこ at 2010年03月04日 23:49
マキコさん
 ありがとうございます。それはお言葉にあまるほめ言葉ですよ。私がエントリーするときは4つのジャンルと言うような高き目標に基づいてではなく、失敗したときにリベンジできるという邪な魂胆が大いにありました。だからどの曲もあまり長くないでしょう。しかしそのおかげでいろいろなジャンルにまたがることができてよかったかもしれませんね。
 プレリュードがいいですか。リベンジ効果と最後なのでがんばったということでしょうか。しかしもっと出し切りたかったというのが本音です。こういう深刻で荘厳な曲好きなんですよ。幅をいろいろと広げていきたいですね。
 マキコさんの演奏も楽しみにしてますよ(^^)
Posted by のここ at 2010年03月05日 09:04
ようこさん
 ありがとうございます。どうもプレリュードの評判がいいみたいですね。ピアノに慣れたというのもあるのでしょうか。即興曲2番はどうなることかと思いましたが、ここまで持ってこれたのでよしとしましょうか。しかしいろいろとごまかしているんですよ。拍感もなくなっているし。前半のダイナミックなところもですが楽譜通りに弾こうとしたら弾きづらいです。その後この曲延長という方向もあったのですが、結局寝かせることにしました。したがってまた弾くかもしれません。維持できたらと思います。
 音源アップしますね。アップできるような音源ができるように練習することが先ですが。
Posted by のここ at 2010年03月05日 09:09
獏のブログにも書いたことですが、
プレリュードは、よく練習したんだろうなとおもいます。たった1音狂っただけで台無しでしょうから・・・
Posted by よっしー^^ at 2010年03月05日 19:49
 ありがとうございます。実を言うと練習時間は他の曲のほうが長かったのですが。。。他の曲は難しすぎたのかもしれません。このプレリュードは一音一音を大切にしたくなる曲でしたね。
Posted by のここ at 2010年03月05日 20:28
全部聴かせていただきました。

最初のワルツを聴いたとき、ああ、のここさん、ピアノに対してすごく積極的に攻めの姿勢で取り組んでいるのと同時にすごく丁寧に弾こうとしているんだなあ〜と感じました。

私はマズルカが一番好きでした。
物悲しくも聞こえるなかでなんとなく大らかな優しさみたいなものが音色にあって良かったです。

相棒様、お仕事のかたわらこんな大曲に挑めるなんて凄いですね〜〜
集中力もなのでしょうが、音楽の才能がおありなのでしょうね。始まりを聴いた時に、あ、ショパンの音だ!と思いました。

それにしても5曲だけでもすごい聞きごたえです。会の内容の深さがしのばれます。
Posted by みーママ at 2010年03月05日 22:24
 ありがとうございます。
 ワルツはお分かりの通り弾きなおしてしまいましたからねぇ。でも積極的に攻めの姿勢で取り組もうとしていたのは事実です。成果となって現れるかというと話は別なのですけどね。
 マズルカはお気にいりの曲として家でこっそりと練習していて、この企画で初めて表に出すことにした曲です。レッスンでもあまり重点的には診てもらっていないのですが、物悲しさと優しさを表現したかったのです。それが出せていたように感じ取っていただけたのだとしたらとてもうれしいです。
 相棒氏がこの曲に取り組みはじめたのはかなり昔で数年前なのです。確か半年強ぐらいかけて譜読みして人前で弾いたのではないでしょうか。初めて聴いたとき、こんなに難しくてあこがれの曲を弾くなんてすごいと思いました。ショパン大好きですしね。次は何を弾くのか楽しみです。 
 他の方たちの演奏も聴きごたえがありました。充実した会でしたね。
Posted by のここ at 2010年03月05日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。