2010年02月10日

しつこいワルツ11番

 ワルツ11番の練習時間はそこまで多いほうではないものの、以前よりは強弱やペダルの迷いがなくなった。先生のお助けによるものが大きい。
 しかし先日の亀の歩みから進歩があるように聴こえるかというと、どうなのでしょう?あまりよくわからない。自分が弾いていて弾けているつもりであるのと、聴いた時の印象というのがいかに違うか、ということだ。でも少なくとも中間部は今回のほうがいいと思う。
 即興曲2番は象亀状態(汗)。

ショパン ワルツ11番.WMA 
posted by のここ at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。